多くの企業が業務時間の短縮を図る手段として、G Suite を導入しています。

G Suite が勤務時間の短縮に寄与するのはなぜか?

具体的にどのようなものがあるのか‥。

まず大きな点として、情報共有の確実性が挙げられます。

ハングアウトChat(チャット) により社内メールでのやり取りがほぼなくなります。

また、Google ドキュメントエディタや Google ドライブ を利用すれば、プロジェクトや工程管理などの進捗確認が不要になったり、共有されるデータはいつでも最新に保たれ、チームの理解度は一元化されていくのです。

個人スケジュールや会議室や設備リソースも一括管理されるため、不在者の行く先がわからず、資料が取り出せないといった支障もないわけです。

ハングアウトMeet(Web会議)を利用することでスタッフが集まる時間ロス、また、会議に必要なアジェンダを Google ドキュメントにすることで、印刷コストと準備時間のロスも削減できるのも大きなメリットとなります。

G Suite では、常に最新バージョンのアプリが提供されるため、文書が開かない、レイアウトが崩れるといった問題もクリアされています。

サポート体制も完璧です。

ワンストップで回答が得られる G Suite サポートデスクは24/365対応であるため、不明点を即座に解決できます。

同じことを何度も聞かれたり、だれに聞けばいいのかわからなかったりといったムダな時間が解消されるでしょう。

インフラが G Suite になると、スタッフはインターネットにアクセスできれば、いつでもどこでも業務内容を確認できるため、日報を所定の用紙に記入するために、わざわざ事務所に戻るといった非効率的な行動も不要となるのです。

社員の満足度向上にも役立ちます。

働き方改革にともない、テレワークを検討している企業にとっては、在宅勤務への有力な推進材料となるでしょう。

さらに情報漏えいなどの懸念される安全性に関しても、最新のセキュリティを備えています。世界一のIT企業 Google だからこそ、セキュリティへの対策も安心して任せることができるのです。