Googleカレンダー
最近の、ShigAppsのブームはドラッカーです。

真剣に勉強をはじめました。

今日は、ドラッカーに学んだ時間について少し・・

 

他人の時間を奪ったり、他人に時間を奪われたり・・というお話です。

電話がかかってくると、当たり前ですが電話に出ます。

今している作業を止めて電話に出ます。

電話を切り、「ん?何してたんだっけ?」ってよくある話です。

 

あ、そうだ!これこれ、みたいに作業に戻ります。

今までこのことについて深く考えることをしませんでした。

 

ドラッカーを読むと、ここを見過ごせなくなります。

大事な仕事の電話や、大切なお客様からの電話で、自分の時間がストップすることにとやかく言うつもりはありません。

 

が、

 

スケジュール調整に費やされる時間。

これって勿体ない!

と、つくづく感じたお話を聞いたので、今日はブログに書いておきます?

 

3人、4人のスケジュールを合わせるために費やされる時間。

 

これって、

かなり勿体無いですよね。

 

 

想像してみてください。

 

3人とか4人のスケジュール調整。

3人だと予定を合わせるには・・最低でも4、5回は電話をかけます。

それぞれに電話して、確認・・これの繰り返し。

そのたびに自分の思考を止められます。

調整できるまで、どうでしょう?約半日ぐらいかかりますよね?

 

4人の予定を合わせるには・・約一日ぐらいでしょうか?

 

5人となると・・諦めます(笑)

全体会議なら2,3週間後に日を決めて「集まれ〜!」でいいのですが、

日ごろ業務で追われる3人〜5人ぐらいのチームミーティングの調整が特に難しいという声を聞いたりします。

 

このスケジュール調整がめんどくさいという理由で、会議をやめちゃう。

昨日、ある工務店の社長にそんなお話を聞いたんです。

 

これって本末転倒ですね。

 

皆様の大切な時間をスケジュール調整(の電話)に奪われる・・。

なんて非効率なことでしょう。

 

成果を出すための会議を、Googleカレンダーなら一発で招集できます。

5人でも6人でも、それ以上でも、チームの直近の空き時間を一発で見つけ出し招集!

そんなことが、できるGoogleカレンダーってなんて素敵なんでしょう。

 

Googleカレンダーで、この問題を解決してみてはいかがでしょう?

 

今日の「はたらくをイノベーション!」は、

仲間の大切な時間を奪わずにスケジュール調整。

イノベーションで生まれたチームの時間を、成果に繋がる時間に使いましょう!

 

働くを傍楽へ、by ShigApps