最高のチームを手に入れる

チームに必要な情報とは?

大半の仕事は、1人では出来ません。
特に重要な仕事ほど、個人ではなくチームで仕事をする視点をもち、周りと分担をし、協力しあわなければ成り立ちません。
つまり、チームワークは働く上で欠かせない要素なのです。

しかし、チームは規模が大きくなればなるほど機能しなくなる恐れがあります。
個々の役割がはっきりせず責任の所在があいまいになり、ムダな作業や繰り返しの仕事が生まれ、物事が前に進まなくなっていく・・・

会社やビジネスシーンでのチームワークとは、「チームのメンバー全員が、目的のためにベストなパフォーマンスを発揮できている状態」ではないかと思うのです。
このチームは何を達成するための集団なのか。
チームのために自分なら何が出来るか。
そのことを各人が認識し、追求し、遂行する。目的を達成する。
そんなチームが「最高のチームワーク」を発揮できるのではないでしょうか。
そのために、私たちは「情報共有」がひとつのキーワードになると確信しています。

では、チームに必要な情報とはいったい何でしょうか?
それは、数字やデータで表されるものだけではないと思っています。

お客様とのこれまでの経緯、やり取りの内容、現在の契約状況ももちろん大切な情報ですね。
営業の方にとって、「いかに効率的に、かつお客様が気持ちの良い営業を受けられる環境を実現するか」と考えた場合、そこには多くの情報が関わってくるでしょう。

会社のリーダーの方にとっては、理念、目的、方針も非常に大切な情報です。
ここを情報共有できているか否かで、チームワークが大きく変わっていきますね。
つまり、情報とは、数字やデータだけではなく、人の感情や思い、アイデアなど、すべてが情報なのです。

あらゆる情報を、いかにして集め、伝え、共有し、整理するのかが、これからの企業に求められます。
情報を集めるツール、伝えるツール、管理するツール、発信するツール、整理するツール・・・

つまり、最高のチームワークを手に入れるためには情報共有が不可欠で、そのためには情報のプラットフォームの整備をしなければなりません。

チームワーク、情報共有、そしてプラットフォーム。
この3つのキーワードが掛け合わされたとき、はたらく環境に大きなイノベーションが起こるでしょう。

情報の質とスピードによるツールの使い分け

情報について、もう少し詳しく見ていきましょう。
リアルタイム性を求めている情報か。内容の深さを重視している情報か。文面だけでは伝わりにくい、視覚や聴覚に訴える情報か。 ライトでコミュニケーション重視の情報か。

単に「情報共有」と言っても、情報の質、そしてスピードの違いによって共有の手法は変わってきます。
例えば、リアルタイム性を求めている情報であれば、電話。 内容の深さを重視している情報であれば、WordやPDFなどのデータ。
文面だけでは伝わりにくい、視覚や聴覚に訴える情報であれば、写真や会議でのプレゼン。  ライトでコミュニケーション重視の情報であれば、手書きメモやLINE。

すでに私たちは情報の質とスピードによるツールの使い分けを行っています。

現代ではその情報共有に使用するツール自体、日々新たなものが生まれ、日々進化しています。
情報の質とスピードに合ったベストなツールを、適切に、ストレスなく使うことで、チーム内の情報共有が達成されていくのです。

情報共有のプラットフォームをどうするか?

G Suiteの優位性はここにあるのです。1ID、1パスワードですべてのアプリにアクセスできます。
あらゆる情報のプラットフォームとしてお使いいただけます。

例えば複数人同時に、いつでも、どこでも、どの端末でも、情報を共有し、確認し、共同編集が可能になるとすれば、どうでしょうか?

外出先でも、通勤の電車のなかでも、会社のメールがスマホで確認できるとすれば?
拠点間の会議をWeb会議でスムーズに行えるようになるとすれば?

これらのことをはじめとした、情報共有のツールが1つのIDとパスワードだけですべて使えるプラットフォームがあるとしたら、どうでしょうか?

私たちは皆さまに最高のチームワークを手に入れていただくため、お客様の会社にあったプラットフォームを構築し、使い方を浸透させ、社内にチームワークを生み出す準備をして、お待ちしております。

そのプラットフォームというのが、G Suiteです。
クラウドでの提供なので、いつでも、どこでも、どんな端末でも、必要な情報を確認でき、共有ができる。
安全性を確保する管理機能で社内のセキュリティも守られ、面倒なソフトのインストールやアップデートも必要なし。

G Suiteというプラットフォームでは、どんな情報でも簡単に情報共有ができるのです。

情報のライフサイクルとコミュニケーション

最後に、情報のサイクルについてです。

例えばひとつの新商品について、アイデアが生まれたとします。
これはフローの情報、つまり情報の鮮度重視で、情報の更新も高いものとなります。

次はそのアイデアについて、ディスカッションを行い、またそのアイデアをどんどん形にしていきます。

データとなれば、蓄積をし、見える化を行います。
こうなれば、ストックの情報、つまり情報の精度重視で、データ化されたものとなります。

このように、情報にはサイクルがあり、チームの中ではコミュニケーションの上でこのサイクルを繰り返していきます。

G Suiteというプラットフォームでは、コミュニケーションも重視しているキーワードのひとつです。

情報を共有するなかでは、コミュニケーションのリアルタイム性と透明性が高ければ高いほど、意思決定や行動プロセスのスピードアップ、つまり効率化がすすみます。
すると、チームワークが高まり、社員の意識、能力も向上し、営業販売力・商品力・開発力・イノベーション力・サービス品質の向上につながります。


情報共有で効率化が生まれ、そしてチームワークの向上へ。

チームワークを生み出し、発揮していただくのはお客様です。
あくまでも実施主体はお客様です。私たちはそれを、最大限サポートいたします。

私たちは弊社のメンバーだけではなく、お客様も取引先様もあらゆる関係者を、私たちの「チームメンバー」だとみなします。
お客様でありながらチームの一員として開発をしていただいたり、先進事例として様々な改革に取り組んでもらう。

逆に私たちも、皆さまのチームの一員です。
最高のチームワークを手に入れて頂くその日まで、メンバーの一員として動きます。

最高のチームワークを手に入れるために、ぜひ私たちと一緒にチームを組みませんか?