オフィスのクラウド化をすすめるコツ2つ目は、担当者、つまり、クラウド化を進めるリーダーを決めることです。

そして、できるならばクラウド化推進チームを作ることをお薦めします。

では、どんな人材をこのチームに集めるのか?

いわゆる、アーリーアダプターを集めます。

なんやねん、そのアーリーアダプターって!?

食いもんか!?美味いんか!?って声聞こえそうですが‥。

アーリアダプターとは、キャズム理論に出てくる言葉です。

キャズム理論ってご存知でしょうか?

新しいハイテク機器やサービスがリリースされた際、市場には以下のような構成員が要るという理論です。

「イノベーター」

「アーリーアダプター」

「アーリーマジョリティ」

「レイトマジョリティ」

「ラガード」の5つの分類され、

このうちイノベーターとアーリーアダプターを合わせた層が採用した段階(普及率16%超)を超えるにはキャズムがあり、キャズムを超えた新技術や新流行は急激に拡がっていく・・みたいな話なんです。

わかりやすく説明するためいつも僕はiPhoneに例えて伝えるようにしています。


 

イノベーターは、全体の2.5%で「出たー!Appleの新製品いいに決まってる。買う〜!」

みたいな、IT好き、新しもの好きなタイプです。

アーリーアダプターは、約13.5%。けっこういいみたいじゃん、買ってみるか・・。

イノベーターが使ったレビューや感想などを聞いてから買う、やや慎重派、効率が上がるなら・・みたいな中小企業の経営者やできる営業マンに多いそうです。

アーリーマジョリティというのは、イノベーターやアーリーアダプターの人たちが使って、ある程度の成果が出て、当たり前になって、みんな使ってるから買わなきゃ・・。みたいな・・、学生とか普通のサラリーマンの方たち。34%ぐらいだそうです。

レイトマジョリティは、むしろ、ガラケーでもスマホでもどうでもいい。

機能も使えるなら使うみたいな感じでしょうか・・?

機種変更する際、もうスマホしかなくて、AndroidでもiPhoneでもどっちでもいいわ。

みたいな感じの主婦っていますよね。うちの礼子さんみたいなタイプです。

主婦の人に怒られそうですが・・。こちらも34%。

ラガード、こういった方も必ずいます。

「わしはガラケーしか必要ない!!」という頑固者でが16%いるんだそうです。

いい、悪いではなく、こういう分布である。

ということです。

話がだいぶずれました‥。

クラウド化推進チームのリーダーには、イノベーターかアーリアダプターがいいということです。

理由は次回お話しますが、全体の16%いるとされますので、あなたの会社が10人なら1人か2人、20人なら3〜4人こういうタイプの人がいるはずです。

て、いうか、絶対います。

ShigAppsのお客様は150社ありますが、推進チームのリーダーがこのタイプだったので間違いないです。

たいていこういう方は、経営者自らがリーダーをされるか、または、いわゆる「右腕」のような人が務められています。

こういった方の特徴は、Macbook か Surface、iPad、iPhoneの最新機種を持っていたりします(^o^)

会社のにいるアーリーアダプターなその人に言ってみてください。

クラウド化しようと思うんだけど、あなたがリーダーやってくれないか?

って‥。