仕事ができる人とは?

GTDという仕事術があるのをご存知でしょうか?

今日から、Google Keep でできる、成果が出る仕事術 GTD についてお伝えします。

Google Keep

ShigApps の代表である私村山は、

最近まで人よりちょっと「仕事ができる!」って思っていたりしました。

仕事ができるやつってどんな人か?

アイデアを成果に結びつける事ができる人

ロジカルに話ができる人

計画性があり行動力がある人

コミュニケーション能力が高い人

作業スピードが早い人

などなど

 

 

ま、一言では言えないですが、僕が思うに、

今やるべき事が明確で、そして優先順位がつけられている人。

逆に仕事ができない人の特徴なんですが‥、

「なぜ今それやってるの?」

「なぜあの時たったひとことで済むことを伝えてないの?」

「なぜ‥タスクを管理しないの?」

っていつも「なぜ〇〇するの?」「なぜ〇〇しないの?」って言われたり感じさせたりしてしまってることないですか?

ということは、

他人から見て、なぜ〇〇なんだろう?って感じさせない人が、

仕事ができる人ってことになるんじゃないかと‥

そして、部下やチームメンバーに、なぜ?と思わせない仕事術を伝え、指導できる人。

 

これが仕事ができるチームを作るリーダーってことになるんじゃないでしょうか?

こういう人が本当に仕事ができる人ってことになるんじゃないかと思ったりするんです。

 

他人から「なぜ?」と言わせない、感じさせない人はどんな思考でどんなやり方で仕事を進めているんだろう‥?

令和を生きる我々仕事人は忙しいです。

マルチタスクの中で仕事をしています。

 

膨大なタスクをこなし、成果を出す人の仕事術とは?

日々、更新される情報の中で、仕事をし、暮らし、休日には家族とのかけがえのない時間を過ごします。

GTD は、現代人が膨大な情報から必要な情報を精査し、最大限の成果に結びつける仕事術なのです。

今やるべき事が明確になり、そして優先順位が自然とつけられる仕事術。

そんな仕事術があったら学んでみたくなりますよね?

それが、GTD です。

 

 

次回からこの GTD を Google Keep でする方法を伝えていきます。